プロフィール

メロン

Author:メロン
ようこそいらっしゃいました。
私は小さな命たちと暮らしています♪
元々はみんな野良ちゃんだったんです。
ヒゲもシッポもあるけど
我が子同然の家族なんです♪
学校は行かないけれど(笑)
人間の言葉は少〜しだけわかるんです♪

そんな家族のことを書けたらなぁ...。
音楽で表現出来たらなぁ...。
そんなブログです。

最新記事
最新コメント
アンブレの絵がTシャツになりました♪
半袖、長袖、トートバックもあります♪
Tシャツトリニティ で検索 https://www.ttrinity.jp 左サイドにある ショップ一覧検索 parisvision ブランド一覧検索 大島五畔  で検索して下さい♪ よろしくお願い致します。 https://www.ttrinity.jp/shop/paris-vision/
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ようこそ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook
検索フォーム
応援しています
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備えあれば。。。怪我はナシ♪

ペットとの暮らしには、動物病院は欠く事の出来ない存在だと思います。
たいていの人は、ペットの運搬の際にペットゲージを使用すると思います。
我が家では、ふだんからゲージを収納したりせず、部屋に出しっ放しに
していて、遊び場として、お昼寝処(笑)として、利用してもらっています。

先日、近所のおばあちゃんから頼まれまして、猫を病院に連れて行く為に
ゲージに入れるお手伝いをしてきました。
なんでも、前回病院に連れて行く際、かまれたり、ひっかかれたりで
お怪我をされたそうなんです。
猫ちゃんも暴れて、鼻の頭をすりむいちゃって血が....。
そのおばあちゃんの猫はゲージを見ると、怖い所へ連れて行かれるものと
連想してしまうんでしょうね。頭がイイですからね。
ゲージと一緒に生活させて下さいとお願いしてみました。


オールライトフォーエバーです♪ よろしくお願いします。



よろしくお願いします。
おきてがみ
スポンサーサイト

Comment

No title

私も日本で猫と暮してる時、病院に行くのが大変でした。
余りに暴れるので、往診を頼んだ事が有ります。
今はブログやネットで沢山の情報が入ります。
今だったら、きっと猫ちゃんの気持ちがもっと良く判ったと思います。
可哀想な事をしたと後悔する事が沢山有ります。

太巻きおばばさん、おはようございます♪
私も後悔の詰み重ねの猫人生です。
未だ勉強中ですが、がんばります♪

No title

日頃おとなしい子でもキャリーに入るときはこんなに力があったのか・・・ってびっくりするような抵抗することがありますものね。
うちもキャリーは日常に置いています。それでも入れるのに結構苦労します(汗)
おばあちゃんのにゃんこちゃん日常にキャリーを置いて少しでも慣れてくれるといいですね!!

りゃん吉さん、おはようございます♪
りゃん吉さんの家もキャリーを出しているんですね。
病院への運搬だけでなく大震災に備えるためにも
日頃の猫のための防災意識が大切だと痛感しております。

No title

こんばんは。

キャリーに入れる大変さ、よーくわかります。
何度引っかかれたことか・・
以前飼っていた猫は入れることができず、
洗濯ネットに入れて、そのまま病院に運んだこともありますよ。
病院に行く気配を察知されないようにして、
ガバッとつかまえる・・猫と飼い主のだましあいですね(^_^;)

おばんさん、こんにちは♪
やはり皆さん猫を入れる際に
ご苦労された経験がおありのようですね。
人間の言葉が通じれば、説得出来るんですけどね〜(笑)。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。